妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2008年01月25日

グレンツェン西日本大会

息子の受験が終わり、次は娘のピアノコンクールが少し近づいてきました。今週が西日本大会の申し込み受付となっていましたので、昨日参加費8,000円あせあせ(飛び散る汗)を支払ってきました。

コンクールの課題曲が12月下旬に知らされ、楽譜はインターネットで注文しましたが、在庫が少ないらしく、到着まで10日ほどまちました。それから2曲のうち1曲を選択しなければならなかったので、少しバタバタしましたね。あとはコンクール当日(3/28)まで、しっかり練習あるのみですパンチ

実は今年はピティナのコンクールを受けさせることを考えています。ピティナは3月にコンクールのスケジュールと課題曲が発表になりますので、6月までに4曲仕上げなければならないようですがく〜(落胆した顔)。おまけですが、4月の13日は、発表会もあるので、その練習もあるから娘はちょっと大変たらーっ(汗)ですね。

それはそうと、インフルエンザが流行ってます。昨日と一昨日、娘のクラスは学級閉鎖で休みでした。この2日間、ガンガン練習してくれればいいのですが、1日中ゲームとビデオ(のだめカンタービレ)を見てすごしていたようです・・・もうやだ〜(悲しい顔)


posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 11:38| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | ■子供と遊ぼう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ。
昨日ようやく本選が終わりました。我が家は山間部なため、雪が降らないようにと祈っていたのですが・・・。朝起きると雪化粧(T T)
電車で行こうか車で行こうか悩んだ結果、車で2時間半かけていってきました。

幼児Bコースは43人参加でした。娘は間違えずに最後まで弾けたので前回よりはよかったのですが、やはり他のお子さんはお上手で準優秀賞となりました。ピアノの先生とお話をしたのですが今回の幼児の方々ほとんどミスもなく皆さん本当にお上手でした。

お正月明けからピアノへのテンションが下がっていた娘も少し元気になったので近畿大会も出してみようかなぁと思っています。次は大阪シンフォニーホール(@@)2度とないチャンスなので頑張ってみます。

娘さんもスケジュールが詰まって大変ですが、頑張ってくださいね。(お母様も)
また報告します。
Posted by ちよまま at 2008年01月28日 21:11
こんにちは、ちよままさん。

 娘さんの準優秀賞、オメデトウございます。ようやく本選終了ですね。グレンツェンは期間が長いので、練習する時間はタップリあるのかもしれませんが、子供たちがコンクールに挑むっていう姿勢を維持するのは大変ですよね。課題曲も短いから、そればかり練習なんてしてたら、すぐにピアノが嫌いになりそう。

 先日、娘に「今度の課題曲は1日何回くらい弾いてる?」って聞いたら「5回くらい」だそうです。「ほとんど練習してないじゃん!」娘いわく「他の曲も弾いてないと弾けなくなるから」とのこと。

 近畿大会は3/26のようですから、最後はウチの娘より2日早いですね。お互い頑張りましょうねぇ!

 余談ですが、次の西日本大会へは、娘にせがまれて買わされた「のだめバッグ」をもって参加しま〜す。
Posted by アマダッド at 2008年01月29日 08:48
おはようございます。
アマダッド様にいろいろご助言いただいたおかげで、無事本選を乗り越えることが出来ました!
一音すべってしまったのですが、なんとか優秀賞をいただき、ほっとしています。
我が子は、親子トロフィーをながめながら、最終大会にむけて意欲を燃やしているようです。
また、胃が痛い日々が続きそうです...。

同じ楽譜でも、いろいろな曲の解釈が違うのですね。
個人の実力だけでなく、先生方のコンクールでもあるような気がしないでもありません。
「楽譜に書いてないところをどう表現するか」がポイントだそうで、奥が深いなと思います。

これから、最終大会にむけてレッスン開始です。
お嬢様の御健闘をお祈りします。
どうもありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。
Posted by るるぅ at 2008年02月04日 07:23
おはようございます。るるぅさん。るるぅさんは「るる」さんですよね?

本選「優秀賞」オメデトウございます! 素晴らしいですね。そうでした、優秀賞はトロフィーがもらえるんですよね。羨ましい限りです。

娘は息子が以前テニスの大会で優勝したときにもらった、トロフィーを物欲しげに眺めていました。

会場や審査員によっていろいろな基準があるのでしょうか。娘の先生や審査員は、だいたい口をそろえて「楽譜に忠実であれ」と言っています。正確さがもっとも大切であると力説するのはわかりますが、ボクみたな素人にはどこで差がつくのかも??です。

それに個評でも先生に評価にずいぶんとバラつきがあるのも気になるところ。結局は誰からも「ウマイ」と認められるくらいでないと大きな賞はとれないのでしょう。

優秀賞を受賞すると次の大会へのプレッシャーも大きいでしょうね。ボクの妻は、大会の事よりも大会当日、博多に行くのですが、「のだめ」が着ていたタータンチェックの服の店があるらしく、そこで買い物するのを今から楽しみにしています。

娘も妻同様にあまり意欲的でないのが、心配です。あと2ヶ月、お互い頑張りましょうねぇ。
Posted by アマダッド at 2008年02月04日 09:16
>おはようございます。るるぅさん。るるぅさんは「るる」さんですよね?

はい。るるです。下の子がちょろちょろしていてミスタイプしてしまいました。すみません。(^^;
ありがとうございます。プレッシャーはですね、実は、今本選にありました。予選で、運良く銀賞をいただいてしまい、もし、本選で残念な結果になったら、うちの予選地区の方や先生に申し訳ないなと思っていました。
次の最終大会には、少しは気負いせずに取り組めるかな...と思っていますが、どうなることやら。

確かに、楽譜に忠実であらねばなりませんね。
音符休符の長さも正しく演奏すること。その上で、書かれていないものを表現すること、表現しようとすることが大切だと、講評の先生はおっしゃいました。
間違いをおそれず、聞いてもらおうという意欲をもって演奏する必要があるとのこと。
難しいことが要求されますね...。幼児にそれを求めるのですか...(>_<;)
2ヶ月ないので、どうなることやら。我が子に、またがんばってもらいます。
お互い頑張りましょうね。
Posted by るる at 2008年02月06日 19:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。