妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2008年01月25日

合格しました。

息子の門司学園受験は、本当にハラハラでした。息子は特に塾には行かせてなかったのですが、全教研で行われた門司学園対策の冬期模試で108人中98番がく〜(落胆した顔)だったのをみて「ヤバイぞ!」と妻と頭を抱えましたふらふら

結果のわかったその日のうちに、速攻で冬期セミナーを申し込み、自宅でも妻のスパルタパンチがはじまりました。受験おわるまでゲーム禁止!冬休みも初詣と近所へ買い物程度にしました。そのかいあってか、試験直前には「大丈夫だね」ってところまできていましたが、門司学園は最終的には「クジ」があるのです。

12日の試験と面接は息子も「出来たよ!」と言っていましたが、他の子も出来ていれば同じですから少し心配が残ります。

1週間後の19日に合格発表。受験者は400人弱で、1次合格者が150名選ばれています。その中から抽選で120名が合格しわーい(嬉しい顔)、17名が補欠がく〜(落胆した顔)、残りの13名は不合格もうやだ〜(悲しい顔)となるのです。

親からしてみれば、「ふざけるなちっ(怒った顔)」と言いたいところですが、文句を言っても始まらないので、祈りながら息子の番号が惹かれるのを会場で見守ります。どんどん残りの数が少なくなると息子も小刻みに震えているようです。妻は息をするのをわすれているようでした。

そして、120名が選ばれましたが、息子の番号は選ばれませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)。もちろん、1次に合格をしていないとそこには番号すらないのですが・・・。

 次に補欠の17名を選びます。3番目にようやく息子の番号が呼ばれました。「・・・・」喜んでいいのやら、複雑な思いです。120名の内3名が入学を辞退すれば、息子は入学できるということです。

 まわりの人も「3番目なら絶対大丈夫!」と言ってくれますが、やはり「もしも」という不安はつきまといます。

そして、昨日、学校から電話が入り、ようやく入学できることとなりましたわーい(嬉しい顔)。 まだ、うわさですが、来年からこの憎いクジは無くなるそうです・・・がく〜(落胆した顔)



posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 11:06| 福岡 ☁| Comment(10) | TrackBack(0) | ■子供と遊ぼう! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
合格おめでとうございます。
本番直前の頑張りは素晴らしいですね。
最終合格までの、くじ引きは何とも言えませんよね。
うちの子も、国立大附属の小学校を受験して、数ある関門を潜り抜け入学しました。
1次で合格しても、くじで外れた子のお母さんは泣きながら退場されていたことを思い出します。
来年は、また受験です。
うちの学校も、中学受験でのくじ引きは、昨年から廃止され、子供の実力だけが問われる様になりました。

息子さんの学校は、中高一貫教育なんですね。
6年間、無駄のない、本当のゆとりのある学校生活、勉強ができてうらやましいです。
見事に桜咲いて、おめでとうございます。
Posted by ピーちゃん at 2008年01月26日 07:31
ピーちゃん、お祝いのコメントありがとうございます。お子様は附属なんですね。附属のくじって校長先生が番号を引いてそこから何人ってあれですよね。くじって公平そうですが、がんばった子供や親にしてみればこれほど不公平なものは無い!って感じでがしてしまいます。

ところで附属は小中一貫だと思っていましたが、中学へ進学する時も試験があるのですか? それとも明治など別の学校を受験するのでしょうか? いずれにしても、受験が終わるまでは大変ですね。
Posted by アマダッド at 2008年01月26日 10:11
私もそう思っていたのですが、小中一貫では無いのです。
ただ、附属小の生徒は専願入試という形になるようです。でも、学力がいまいちだと専願受験させてもらえないという噂も・・・。

一般入試のくじが廃止された分、外部からの合格者のレベルが相当上がっているそうで、小学校も学力アップに必死です。
また、他の私立との併願だと、勿論、専願入試は出来ないので、一般入試で附属中に入るのは、かなり狭き門となるそうです。
受験生の親として、苦難の一年が始まりました。

・・・これから塾の保護者会に行ってきます。
Posted by ピーちゃん at 2008年01月26日 10:56
塾の保護者会ですか・・・。何か大変そうですね。
附属は小中一貫ではないのですね。

我が家は現在4年生の娘がいますので、来年の夏から娘の受験体制に突入しようと考えています。娘も門司学園に入れたらいいなぁ〜と思っています。

受験は子供が頑張るのは当然ですが、同じように親のガンバリも必要なので、大変ですよね。
Posted by アマダッド at 2008年01月26日 17:35
おめでとうございます。
男子の比率の少ない学校みたいですね。
この学校は高校教師が多いので 中1年生は意外と大人扱いで中1の視線で先生方は考える事が出来ないと聞きます。(開校5年目なのでだいぶん先生方も慣れたかも?)勉強も大変なようです。頑張って下さいね。
Posted by ガー子 at 2008年01月29日 07:25
こんにちは、ガー子さん。
 お祝いコメントありがとうございます。「男子の比率・・・」は、そうらしいですね。受験の内容で作文があるので、文章を書くことの苦手な男子にとっては狭き門になるのかも。 

 「大人あつかい」は初耳でした。貴重な情報ありがとうございます。ウチの息子は6年生とは思えないほど幼稚なので、かなり不安です。妻が心配性なせいか、ずいぶんと過保護に育てられています。もちろんボクにも責任はありまけど・・。

 小学6年になっても「ひとり」でバスや電車に乗ったこともないし、校区外にすら出たことがありません。 爪はかじる(正確にはむしってます)し、頭の毛は抜くし、怪我したら治る前にカサブタはハグし、食事のときは貧乏ゆすりしてるし・・・。とにかく落ち着きがないですね。

 頭の中の7割が「遊び」で、2割が「食」、残りの1割で、思考しているようです。まあ、学校の環境が良いようなので、鍛えてもらえるでしょう。
Posted by アマダッド at 2008年01月29日 09:11
合格、おめでとうございます!
Posted by メロ at 2008年01月30日 17:45
メロさん、お祝いコメントありがとうございます。

確か「はじめまして」ですよね。これからもよろしくお願いします。
Posted by アマダッド at 2008年01月30日 22:13
初めまして<(_ _)>
門司学園で息子が同級生になります!よろしく!
検索で何度かお邪魔しています。
結果を見てからコメントを入れようと思っていました。
おめでとうございます!

オリエンテーションで見つけられるかしら?
楽しみですね!
Posted by taka at 2008年02月01日 13:47
takaさん、はじめまして。

お祝いコメントありがとうございます。息子さんも合格されたんですね! おめでとうございます。

来週の9日がオリエンテーションでしたね。ボクはたぶん妻と息子の運転手ですので、会場へは妻と息子だけが行くと思います。

ブログに息子の写真が何箇所も掲載していますので、あの「アンパンマン」顔を見つけたら声をかけて下さいね。今後ともよろしくお願いします。
Posted by アマダッド at 2008年02月01日 14:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。