妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2007年11月25日

またしても胃っ!

 数年前、夕食に餃子を食べて10分後、胃の激痛に負けて「人生発の救急車」を経験した。前の土曜日に前回とまったく同じ餃子を食べてやはり10分後に胃が悲鳴をあげた。

「おさまれ!」と祈るも激痛は激しさをまし、トイレで嘔吐。それでも痛みは治まらず、身動きが取れなくなった。妻も前回の経験からすぐに病院へ連れて行けるように車と身の回りのものを用意した。痛みと戦い2時間近く粘ったが、「ダメ」だと判断して這うようにして車に乗り込む。車の振動が胃を刺激して更に痛むが、我慢するしかない。

 病院に緊急で駆け込み血液+エコー検査。痛み止めと点滴でようやく痛みがおさまりだした時には、時計は既に0時をまわっていた。入院をすすめられたが、丁重にお断りした。

 検査の結果、胃のポリープか石の可能性を指摘され、数日後に必ず胃カメラの検査を受けるように言い渡されて、釈放。しかし、一旦収まったかにみえた、痛みが車の振動で呼び戻され、病院へ戻るべきか迷ったが、なんとか帰宅し、痛み止めの薬をのんで、ベッドにもぐりこむと徐々におさまった。



posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 05:42| 福岡 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ■健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アマダッドさん、大変でしたね。
お見舞い申し上げます。
日頃から、お忙しくされていらっしゃる方なのでしょうね。疲れや、ストレスは、健康の敵ですよ。
ご家族のためにも、どうぞお体を御自愛ください。
Posted by ピーちゃん at 2007年11月26日 08:36
 ピーちゃん、お見舞いコメントありがとうございます。ボクはどちらかというと時間に余裕があって、ストレスの無い生活をしています。まぁ、そのせいか、いつも金欠病ではありますが・・・。

 やっぱり年なんでしょうね。ちょっと前は、10円ハゲが出来たり、四十肩で両腕が全くあがらなくて髪をといたり歯磨きや着替えまで困難になりました。もう3年たちますが、完治はしていません。

 息子とスケボーで遊んでいて大転倒をした時、両手を強打したのですが、その時の医者がヤブだったので、3,4ヶ月しても良くならず、もう一度レントゲンをとりたいと言い出して、結局骨が折れていました。日常生活に問題ない箇所だったので、そのまま医者には行かずに放置してます。

 何が言いたいかといいますと、ココからが大事なところなんですが、「ウクレレがなかなか上手くならないのは、きっとそのせいだ!」と言うことです。決してセンスが無かったり、年だから上達が遅いのではなく、怪我の後遺症が原因なのだと(^^♪

Posted by アマダッド at 2007年11月26日 09:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。