妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2007年10月16日

'07夏の家族旅行 -雨季のグアムってどうなのよ?-13

本編 -10-

8月29日 曇り 時々 晴れ

 便利に使っていた車(セダン)レンタカーを返す日がきてしまった。いつもよりゆっくりと朝食をとり、メールのチェックに向かうと、インターネットがダウンしている。仕方なく部屋にもどり、出かける準備をした。車の返却は13時なので、近場の観光ポイントに行くことにする。これまで、行こうとしてたどりつけなかった「TWO LOVERS POINT」恋人岬だ。グアムでもっとも有名な観光ポイントといってもいいだろう。有名なわりには、道案内がほとんどなく、こんかいも迷いながらようやく到着した。駐車場駐車場スペースが少なかったが、高価な美術品を販売しているらしい店の前に駐車スペースを見つけ、車をとめたわーい(嬉しい顔)

p53.jpg
▲眺めは良いが恋人たちに景色を楽しむ余裕はなかったろう。

 以前は無料だった岬には新しくヤグラが組まれ、入場料$3を払わなければならない。少しはなれたところには屋台があり、韓国人がお土産を売っている。ちょっと迷ったがせっかく着たので入場料をはらって展望台にのぼった。展望台は恋人岬の崖からと飛び出すように作られており、下を見るとゾクゾクする。タモン湾からファミリービーチまでが望め、確かに景色はいいが、何しろ風が強い。

p54.jpgここからもし海に向かって飛び降りても、風におしかえされて崖に何度もぶつかりながらバラバラ死体たらーっ(汗)になるのはまちがいないだろうと思ったが、口に出すのはやめておいた。妻はこういった場所が好きで、こんなところに来るとかならずベタベタハートたち(複数ハート)してくるのだ。ちょっと恥ずかしいが、これを嫌がるとあとで、喧嘩になっても面倒なので、好きなようにさせておく。

 展望台の先にカギをぶら下げた場所があり、ここに鍵をかけて永遠の愛ムードを願うのだろうが、ワイヤーカッターで、金網を切断したものや鍵を破壊しようと試みたものが幾つかある。これはきっと分かれた男女失恋か、2人の別れを望んだものの仕業だろう。

 のんびりしていたら、12時をとっくに過ぎていたので、いそいで1号線までもどり、ガソリンスタンドで満タンにした。オハナの駐車場に車をとめ、レンタカーの返却手続きをすませた。たいした距離ではないが、ここから歩くのは汗が出るので、JPショップまで、送迎してもらった。妻に付き合ってJPショップとプラザにたちより、お買い物。お腹がすいたので、ラーメン屋にはいったが、味はバッド(下向き矢印)

p55.jpg 3時のバスにまにあいそうだったので、急ぎ足で、ウェスティンへ向かった。子供たちはプールに入りたがるだろうと思ったら、ホテル帰るなり「ボーリングがしたい」と言い出した。レオパレスにはボーリング場や卓球、ビリヤードなどの施設もある。雨の日に過ごす施設として考えてはいたが、子供たちはしっかりとチェックしていたようだ。

p56.jpg 予想以上にレーン数はある。でも誰もいない。そりゃそうだろう、天気の良いこの時間ならみんな観光してる時間だ。誰もいないボーリング場を貸切状態で遊ぶというのもなかなかいい。まわりに人がいないので、写真やビデオはとりほうだい。

ボーリングが終わってレオマートで、うどんやリンゴ、水を購入し、部屋にもどると今度は「プール!」と騒ぎ出した。まだ荷造りを全然していないのが心配だったので、ボクはパスして、妻を監視役にして子供達をプールで遊ばせ、ボクは11時までパッキングの鬼となる。



posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 17:28| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |  ・グアム旅行 2007夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。