妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2007年04月16日

沖縄旅行 2日目(2007.3.28) 前半

 トイレに行きたくて目が覚めた。時計は7時ちょっと前。ホテルに泊まると何故かノドが乾くので、飲み物をついがぶ飲みしてしまう。夜中にも何度かトイレいった。トイレから戻ると、子供たちがベッドの中でゴソゴソしている。眠りが浅いのかもう目を覚ましているのだろう。少し早めだが窓のカーテンを一気に開けた。「おお!夏の空じゃん!」子供たちも跳ねおきた。妻だけは気だるそうだ。子供たちとベランダに出てみる。ココはビーチリゾートではないので、オーシャンビューとはいかないが、7階からの眺めはそれなりに楽しい。漆喰でかためた屋根と貯水タンクが、やはりココは沖縄だ。

 身支度をすませ、ホテルを出発した。今日の予定は美ら水族館。近くのインターから高速に入り、許田まで行く。そこからは海岸線を走ることにした。途中、子連れ家族の味方、マクドナルドを発見したので、朝食をとることにする。ホテルでも朝食バイキングがあったが、マックなら4人で1500円。しかも子供はマック大好きだから、マックの勝ちだね。

 沖縄に来る前、インターネットで、美ら水族館の前売りやクーポンを探したが、これといったものが無かった。だが、水族館が近づいてくるといたるところに割引チケットの看板が目に付き始める。僕らもファミリーマートで割引チケット(家族)をゲットした。通常大人1800円、こども600円だが、大人2人+子供2人で3840円だから960円お得になる。

okinawa20.jpg
▲子供たちはタッチプールが大好き

okinawa21.jpg
▲ジンベイザメのジン太君



 のんびりドライブしたので、水族館へ到着した時には昼近くなっていた。水族館は海洋博公園の中にあるので、まる1日過ごしてもよさそうな場所だ。館内にはいるとやはり人が多い。ゆっくり進んでお目当てのジンベイザメとようやくご対面。巨大な水槽と世界最大のアクリルパネルに感心しながら水槽内を悠然と泳ぐ3頭のジンベイザメに釘付けになった。

okinawa22.jpg
▲スタッフの方から子供たちにクエスチョン?

okinawa23.jpg
▲巨大水槽を上からのぞく

okinawa24.jpg
▲ガラス越しではない生のジンベイ


 ここでは、水上観覧(黒潮探検)コースというバックヤードを見学するツアー(無料)があったので、申し込んだ。このツアーでは水槽の上からジンベイやマンタを見ることが出来る。時間のある人には是非お薦めだ。最後の出口では、エリア毎にで入手できる無料カタログ(Vol1〜32)の取り損なったものを補充した。全部そろえるとちょっとした海の図鑑になるので、これは自分達のお土産にもなる。

okinawa25.jpg


 建物を出て、マナティー館をのぞいた後、フジ(尾びれが病気で融けてしまったが、ブリジストンの協力で人口尾びれを装着したイルカ)のいるイルカラグーンに向かった。フジのことはNHKの番組で知ったのだが、今は元気なのか心配だった。いくつかある端のプールにフジはいた。

 最初、ぽつんと1頭で浮かんで、ほとんど泳がない。しばらく見ていると何となくこちらの気配を感じたのか、ゆっくりとこちらに近づいてきた。人口尾びれを装着しているのがわかる。TVでは元気に泳いでいたが、今は泳ぐというよりも漂いながら近づいてきた感じだ。そばまで来ると、またゆっくりプールの奥壁まで戻って漂っている。20分ほどして、隣の水槽から別のイルカが入ってきたので、その時だけはちょっと嬉しそうにプールを5周ほど泳ぎ回ったが、そのイルカがもとの水槽に戻るとまた、プカプカしていた。

okinawa26.jpg
▲「写真撮らして」と声をかけると近づいてきた。


 もう少し様子を見ていたかったが、隣のプールでゴントウ鯨の調教を見学していた妻と子供が待ちくたびれていたので、フジにバイバイをした。そばにフジの資料館があったので、入って説明をみると「今はすっかり元気になっている」と書いていたので、すこしホッとした。

okinawa27.jpg
▲記念撮影ハイポーズ!


   後半へつづく


posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 16:05| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) |  ・沖縄旅行 (2007.3.27〜31) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。