妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2008年06月27日

田舎暮らしを実感

ボクははかなり田舎に住んでいるとは思っていたが、かりにも北九州は100万都市(実際には100万以下で減少は続く)。決して山の中に住んでいるわけではない。

だが、今日家の前の道をサルが歩いているのを見て、かなり田舎なのだと実感した。最近は近所でも庭先でイノシシが昼寝をしているなどと、耳にする。
ニュースでは「開発により山の食べ物が無くなってサルが人里へ」などと言うが、今日のヤツはちがうな。この時期人里の畑には穀物がふんだんにあり、簡単に手に入る。それをめあてにやってきたのだろう。だって、すっごくデカくてプリプリしていた。あれですごまれるとかなり怖いなぁがく〜(落胆した顔)


posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 12:31| 福岡 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ■モノローグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。