妻や子供(息子&娘)、趣味の旅行やウクレレなど、続けることが苦手な親爺が時々書き込むブログです。

2007年09月21日

'07夏の家族旅行 -雨季のグアムってどうなのよ?-2

計画編 -2-

どうなることやらと、書いたものの結果を先に言うと「雨季だったけど、グアムは楽しかった! わーい(嬉しい顔)

天気に恵まれたというのも大きいが、約10日間という比較的長め滞在であったことと、車をかりていたことが良かったようだ。滞在中のスケジュールは、その日の天気しだいというスタイルだったので、雨が降ってもさほど困ることが無かった。


天気のことはこれくらいにして、いいろいろ事前に調べて驚いたのは、グアムは高い!のだ。観光客からお金をむしりとるようなオプショナルツアーが山ほどある。どこでも観光地なら多少はあるが、グアムは特に多い。それに同じような内容のオプションはハワイやオーストラリアにもあるが、料金は1割から2割増しといった感じで、その割りに内容はショボイちっ(怒った顔)

食べ物にしても、グアムは南国なので「フルーツや海の幸を満喫!」といきたいところだが、食品の大半が島の外から運ばれたものばかりで、グアムは自給自足出来ないのだ。

島内をドライブすると、畑が異常に少ないのに気づく。ハワイやオーストラリアなら、とうもろこしやサトウキビ、バナナなど広大な畑があちこちに点在するが、グアムは皆無に近い。山間部には木がチラホラしかなく、ほとんどが草ボウボウか赤土の大地だ。土地がやせているのかもしれない。

p03.jpg
▲山間部はこんな感じが多かった。

グアムをドライブすると、それ以外にも工場もほとんど無い。これは別の見方をすれば、工場からの排気や排水が無いので、自然は守られているかもしれないが、これといった産業がないのではないだろうか。あるのは、倉庫のようなものばかり。それと軍の基地施設。それゆえ観光産業に群がり、観光客からむしりとるといったのが、あのオプショナルツアーなのかもしれないふらふら


今年は、グアムが決まったあと、春に沖縄へ行くことにしたのだが、両方の地図をながめていると、似ているなぁと思う。どちらも米軍基地が多数あり、基地問題をかかえている島なのだ。グアムはアメリカであってアメリカではないと耳にしている。グアムは準州であり、州ではないからだ。ハワイは「州」でもグアムは違う。チャモロの人々の中にはアメリカから独立したいと考えている人も少ない無いようだ。どちらも基地を抱え苦しんでいるように見える。

沖縄では街中に不必要なほどの広大な基地が有刺鉄線に守られてふんぞり返っているのを見た。グアムの基地は沖縄と違い、郊外に点々とあった。柵はあるが、沖縄のように「絶対に入るなよ!」って感じではなく、「入っちゃダメだよ」程度の柵だった。


う〜ん、いかんがく〜(落胆した顔)! これではグアムは面白くないと言っているようだ。これはあくまでもボク個人の考えなので、不快に思われた方にはお詫びいたします。適当に読み飛ばしてください。ボク個人としては、今回のグアムで、「グアムってイイじゃん!」「グアム大好きだよ!」ってのが感想です。ただ、マイナス面を持っているように見える今のグアムにしたのは、ボクら日本人なのかもしれないと思っています。


posted by Amazing Dad (アメージング ダッド) at 15:10| 福岡 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) |  ・グアム旅行 2007夏 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。